求人サイト、人材紹介などを展開するエン・ジャパン(4849)、コロナ禍で業績悪化、株価の行方は?

求人サイト、人材紹介などを展開するエン・ジャパン(4849)、コロナ禍で業績悪化、株価の行方は?

 新卒採用、中途(キャリア)採用などで総合的な人材サービス事業を展開しているエン・ジャパン。国内求人サイトでは「エン転職」「ミドルの転職」「エンジニアHub」などを展開し、人材紹介サービスとして「エンエージェント」をおこなっている。海外事業ではインド・ベトナムに力を入れている人材総合企業のひとつ。新型コロナウイルスの影響により求人需要は急減し、2021年3月期の業績予想は大幅な減収減益を見込む。エン・ジャパンの株価の行方はどうなるのか?

■基本情報(2020年10月23日時点)

  • 株価:2,643円
  • 時価総額:1,314億円
  • 予想PER:59.1倍
  • PBR:3.53倍
  • 予想配当利回り:0.94%
  • 自己資本比率:75.2%
  • 会計基準:日本基準

■エン・ジャパンの業績は?

 エン・ジャパンの2021年3月期の第一四半期の売上高は104億円(前年同期比△24.1%)、営業利益12.5億円(前年同期比△57.0%)の大幅な減収減益となった。求人関係や人材紹介関係の企業は軒並み厳しい業績となっているものの、エン・ジャパンの1Qの業績悪化は(競合他社にくらべて)より厳しいものとなっている。

 エン・ジャパンは総合的な人材サービス事業を展開しているものの、とくに国内求人サイトの「エン転職」「ミドルの転職」などの求人サイトの売上高比率が高い。求人サイトは求人企業などの広告掲載が主な収益で、掲載の激減が1Qから直撃した結果となった。人材紹介(エージェント)サービスであれば、転職者の入社時ベースに売上計上するため、新型コロナウイルスの影響(売上計上時期)が1~4カ月ほど後ろにズレる。競合他社であるリクルート、パソナ、JACリクルートメント、MS-Japanなどは2Q(7月以降)から大きく業績悪化が影響してくると思われる。

■エン・ジャパンの事業内容は?

 エン・ジャパンはどのような事業を行っているのか?エン・ジャパンは求人サイト、人材紹介(エージェント)、HR-Tech(「engage」という採用HP作成サービス)、海外事業を主におこなっている。エン・ジャパンの稼ぎ頭は、「エン転職」「ミドルの転職」「AMBI」(20代のハイクラス求人特化)、「エンジニアHub」「エンバイト」などの求人サイトだ。求人サイトは前年売上高75.5億円だったものが、46.4億円と前年比で約39%の減収となった。求人サイトの業績悪化は2021年3月期の決算で大きく足を引っ張ることになる。

■コロナ禍で求人広告激減の波!

 エン・ジャパンの求人広告数をみると、2020年4月から急減している。決算説明では「5月を底に6月より緩やかな回復」と記載されているものの、このまま求人広告数が低迷する可能性は十分ありえる。景気の先行きが不透明なため、ここから求人広告が急回復するストーリーはいまのところ(2020年10月現在)見えていない。

■期待されるHR-Tech「engage」(エンゲージ)とは?

 エン・ジャパンが力を入れているのはHR-Tech事業の「engage(エンゲージ)」というサービスだ。「engage」は採用ホームページを簡単に作成できる無料ツールだ。さらに「indeed(インディード)」「googleしごと検索」などと連携することも可能だ。エン・ジャパンは「engage」の追加サービスやエン・ジャパンの既存サービス(エージェント事業など)への連携でマネタイズ(稼ぐ)ことを意図している(現在は赤字)。

 「engage」の利用社数は28万社を突破。ここからは、いかに有料プランに誘導できるかがカギになる。エン・ジャパンは単なる人材紹介企業ではなく、人材に特化した総合サービス企業を目指している。

■エン・ジャパンの株価の行方は?

 エン・ジャパンの株価はどうなるのか?一時は時価総額2,000億円を超えていたものの、現在は約1,300億円となっている。現在の業績見通しでは今の株価でさえも割高さを感じる。エン・ジャパンの株価はコロナショックのあった2020年2月から急落し、現在も下落トレンドがつづいている。

 人材紹介に特化しているJACリクルートメントの時価総額は約580億円。JACリクルートメントは通期を公表していないものの、2020年12月の第二四半期(実績)で売上高120億円、営業利益33億円の実績を公表している。すでに営業利益ではJACリクルートメントに負けているものの、株価はJACリクルートメントの2倍以上の位置にある。エン・ジャパンに注目している人は、下げ止まるまで当面は様子見が無難だ。

(画像7)下落トレンドがつづくエン・ジャパンの株価推移

以 上